読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんぼう日記

takataka's diary

まんぼう日記いんハワイ島 1日目

(cf. 旧「まんぼう日記」を発掘 - まんぼう日記 )

 

 

定刻通り8:45にハワイ島コナ着。 飛行機のタラップを降りたら首にレイをかけられてほっぺにチュッ!をひそかに期待していたが、そんなことはなかった(ばか)。 気温30度前後やけど、じめじめしてないのでいやな感じはまったくない。 で、入国審査。 審査官が最初に英語話せるかと聞いてくる。 日本語も話せるらしい。 やっぱりハワイ。 目的はsight-seeingだと言ったら、一人でか、こっちに友達はいないのかとか尋ねられる。 おらへんよ、と言うとちょっと不審そうな顔をするので、国際会議に出席する予定なんですわ、と言うと、そうかわかったとにっこりしてくれた。 たしかに一人で来るとこやないわな。

 

ツアーで用意されたバスに乗る。 空港からホテルまで、ひたすらまっすぐな道。 道路の両側は溶岩におおわれた平原がひたすら続いている。 さすがハワイ島。 真っ黒な溶岩の上には、白い石をならべて名前を残したりしてあんのもいっぱい。

 

10時頃ホテルに到着。 Hilton Waikoloa Village( Hawaii Big Island Resort | Hilton Waikoloa Village | Kohala Coast Hotel )というところ。 限外ウルトラ超スーパー豪華デラックスなリゾートホテルである。 なにしろ正規料金では山側の一番安い部屋で一泊300ドル。 NOLTA割引価格でも165ドル。 しかも税抜き。 出張旅費から、アメリカや西ヨーロッパ等の場合、宿泊費が一泊14,500円、日当が一日4,700円でるとはいえ、食費とか考えたら大幅赤字やねえ。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171825j:plain

ロビーでは、オウムがお出迎え。 カメラを立てて構えたら、一緒に首をかしげてはいポーズ。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171828j:plain

あんまり敷地が広いため、移動にはこのトラムかまたは隣の水路を走る船を利用する。 トラムは自転車くらいのスピードで敷地内を往復している。 たかたかの泊まった建物はロビーから一番遠いところなので、こいつで10分ほどかかる。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171822j:plain

昼食をかねて、同じ便で来ていた学生の人と一緒にホテル内を散歩してまわることにした。 向こう側に見えるのが自分たちの泊まっている建物。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171818j:plain

ホテル内の風景。 右手にみえるのは日本食レストラン。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171827j:plain

ホテル内の風景。 ちなみに滝の向こうが学会の会場 (^^;

 

f:id:takatakamanbou:20150502171823j:plain

ホテルは海沿いやけど、本当の海岸は溶岩ばかりで泳げるようなところではないので、敷地内に海水を引きこんで人工のラグーンが作ってあります。 日光浴したら気持ちよさそう。 ちなみに、真中の滝がさっきのやつです。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171826j:plain

なんとホテル内にイルカ専用ラグーンがあります。 抽選に当たると、イルカと一緒に遊ぶこともできます。 イルカ好きにはたまらんねぇ。

 

f:id:takatakamanbou:20150502171819j:plain

ハワイの海だ! ハワイの空だ!

 

f:id:takatakamanbou:20150502171821j:plain

むさくるしい男が一匹。

 

お昼は、プールサイドのカフェテリアで。 ピザを頼んだら案の定とても食べきれんようなでっかいのが出てきた(めっちゃおいしかったけど)ので、doggy bagにしてお持ち帰り。 明日の朝飯にしよ♪ 昼食後は、部屋に戻って夜まで爆睡。

 

夜はビュッフェで。 錦鯉やら白鳥やらのいる池のほとりで子羊やら鴨やらを食べる。 さすがに高いだけのことはあってどれもうまかった。 部屋に戻ったら、そのままばたんきゅー。 43時間の長い一日が終わった。