読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんぼう日記

takataka's diary

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 前編

醍醐大津線 てくてく

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 前編 - まんぼう日記

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 中編 - まんぼう日記

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 後編 - まんぼう日記

 

今日は夕方に深草の方で仕事.15時前後に深草まで行くバスが出るので,それに乗って行ってね,帰りは勝手に帰ってね,っていう話になってましたが….歩いて往復しちゃいました.楽しくない仕事やったもんで,てくてくを組み入れて楽しいイベントにしてまえと….結局,往復7時間,仕事は2時間半(それもほとんどの時間は話を聞いてるかおしゃべりしながら待ってるだけ)…超アホです (^^;

 

行きは,醍醐大津線経由(cf. 醍醐大津線 - まんぼう日記 )のルートを選択しました. 醍醐大津線を再びてくてく,山科市街へ抜けて小関越え - まんぼう日記 のときの読みでは25kmで4時間ちょい.16時半開始の行事に余裕で間に合うよう,11時半前に自宅を出発しました.小雨ぱらついてたけど,傘もささずに.たかたかはよく 雨雲ズームレーダー - Yahoo!天気・災害 とか頼りにてくてくの Go/No-Go の判断したりしてるんですが,今日も,出発から1,2時間後以降は雨止みそうな予想図やったので.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225728j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225729j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225730j:plain

左の写真は,出発から55分,6kmほどの,滋賀京都の境界.この写真の右の方にちらっと写ってる階段は千頭岳を経て音羽山方面への山道です(cf. 音羽山に登ってきました 後編 千頭岳,大平山 - まんぼう日記 ).真ん中と右の写真はそれぞれ60分と62分の地点.右の写真の分岐を左へ登って行きます.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225731j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225732j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225733j:plain

そこからしばらく続く山間の道.67分,69分,72分.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225734j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225735j:plain

その後まもなく到着の峠.73分.雨はだいぶ小降りになってきました.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225736j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225737j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225738j:plain

峠を越えて東笠取へ向けてちょっと下って行きます.77分,79分,81分.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225739j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225741j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225742j:plain

東笠取方面への道と別れたらまた登り.左の写真は,登りきった所の分岐点.だいぶ煙ってますね.ここまで出発から91分,およそ9km.ここを右の方へ向かいます(左方向は笠取山方面).真ん中と右は,そこから下っていく道の途中.94分,96分.

 

f:id:takatakamanbou:20141126225744j:plain f:id:takatakamanbou:20141126225746j:plain

笠取小学校付近まで下ってきました.ずいぶん下ってきたけどまだもやってます.105分,109分.ここから見ると醍醐山方面は完全に霧の中…はたして横嶺峠を無事に越えていけるのか?

 

中編につづく

 

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 前編 - まんぼう日記

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 中編 - まんぼう日記

紅葉の醍醐大津線を深草へ 24km + 夜道を帰宅 19km 後編 - まんぼう日記