読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんぼう日記

takataka's diary

テニス合宿二日目

(cf. 旧「まんぼう日記」を発掘 - まんぼう日記 )

 

テニス合宿二日目。

 

寝てたらなんや蚊がうようよ出てきよったもんやから、昨夜は奴らと格闘してるうちに明けてしもうた。 5時から一時間ほど、ひとりで園内を散歩。 美しい鳥の歌声―は、土砂降りの雨音と道路を滝のように流れる水音で聞こえやしない。 しくしく。

 

しばらく待ってみたけどやむ気配がないので、あきらめてうぐいすの里を出発。 したらなんや、山降りたとたんに雨やんで晴れ間まで見えてきたがな。 でも、ほなちょっと休憩して今後の策を練ろか、と車を止めたら、また降ってきよる。 なんというタイミングの悪さ... こらあかん、テニスするかせんか決めてから行動してたら絶対裏かかれる。 こうなったら、晴れたらテニス、雨なら水族館や。 どっちゃでもこい。 というわけで、一路大洗を目指す。

 

この作戦が功を奏したのか、海が見える頃にはすっかり雨はやんで、今度こそしばらく降らないでいてくれそう。 急いで大洗サンビーチキャンプ場のテニスコートに向かう。 ああ、てにすだてにすだ。 でも、2時間もやったらまた雨降ってきたので、即撤収。 まあこれで「テニス合宿だ」と言い張る要件は満たしたぞ。

 

魚市場でご飯を食べようと、那珂湊へ向かう。 そのあたりから、たかたかの愛車「江口号」の異変が気になりだす。 なんかめっちゃ排気音うるそうなってきた。 アイドリングしてるだけで「ボボボボ」いうぞ。 ヤンキーぐるまみたい。 魚市場で食べた回転寿司は安うてうもうてめっちゃよかったんやけど、たかたかは気が気でないのであった。 海岸近くの凸凹道で下回り擦ってしもたけど、もしやそのせいでは。 ああ、無事つくばまでたどり着けるんやろうか。

 

あんまり音と振動が出んように微妙なアクセルの調節をしながら、なんとかつくばに帰り着く。 ああ、よかった。 ファミレスによって費用の精算、ついでに今回の合宿における一連のタイミングの悪さ・つきのなさの原因をみんなで分析。 たかたかが犯人だということで落ち着く。 や、やっぱり /(;_;)\ たかたかは一生分のつきをもう使い果たしてしまいましたからねえ。 何かを選択する権利とでもいうべきものがあるとしたら、きっとそれをどっかに置いてきてしもうたんですよ。 というわけで、たかたかに先導させると一緒にエライ目に遭うことマチガイなしやから、気をつけましょう (^^)

 

以上、「テニス合宿」日記でした。